6月 15 2016

FXでトルコリラを投資対象にするならどんな国か知ろう!!

Published by at 12:00 AM under トルコリラ

あなたの大切な資産を守るために、多くの方が資産運用を考えます。
なかでも投資は上手く運用する事が出来れば利益も出る事から、多くの方がFXに興味を持たれていると思います。
外貨関連の投資の基本は“日本円が高い時に購入し、日本円が安い時に売る”事で利益を手に入れる事が出来る事は皆さんも既にご存知だと思います。

FXとは異なる2国の外貨を売買する事ですが、日本やアメリカ、ヨーロッパなどの先進国は金利がとても低く、新興国になる程に金利は高くなることは皆さんもご存知だと思います。
そこで注目したいのが『トルコリラ』です。

外貨のが変動する要因とはその国の経済状況や雇用状況、失業率、物価上昇率などのほか、外貨の人気度などのほか、内戦や紛争、自然災害などが複雑に絡み合った結果としてそれぞれの国の貨幣価値が決まっていきます。

ではトルコという国は一体どういう国だか皆さんは御存じでしょうか?
親日国として知られているトルコには日本語を学んでいる若者も多く、街を歩いているだけでもちらほらと日本語で声をかけてくる人が多いほどです。
正式名称はTurkiye Cumuhriyeti=トルコ共和国、人口は約8万人、主な宗教はイスラム教となっています。
私達日本人から見ると、幻想的で色鮮やかなモスクが特徴的な観光国という印象が強いのではないでしょうか。
ヨーロッパとアジアのちょうど中間がトルコになる事から『アジアとヨーロッパの橋』と言われています、

最近は隣国シリアの難民問題やトルコ事態もイスラム教国であるため、ISの影響を大きく受けており、最近では自爆テロなども国内で発生するなど、経済状況に対して影を落としている要因もクローズアップされています。

しかし、観光地は日本にはない素晴らしいものが多く、人気観光地としてギョレメ国立公園やエフェソス遺跡、オスマントルコ帝国時代の首都であるイスタンブールではアヤソフィア美術館、ブルーモスク、ドルマバプチェ宮殿、イェレバタン貯水池地下宮殿、そしてグランドパサールなど見どころも多い国です。

投資対象にトルコリラを検討しているなら、一度トルコについて調べてみてはいかがでしょうか。

No responses yet

Trackback URI | Comments RSS

Leave a Reply