7月 10 2016

トルコリラのリスクを多方面から考えてみる

Published by at 12:00 AM under トルコリラ

最近、FXの広告などでは新興国への投資が目に付きませんか。
中でもトルコリラは先進国としての位置づけがなされており、金利も日本やアメリカよりずっと高い事から、初心者ならパッと金利だけを見て、通貨を選ぶならトルコリラが良いんじゃないのか?と思われる事と思います。

トルコという国は皆さんどのような国だかご存知でしょうか?
外務省鉱石サイトの情報によると、正式な国名はトルコ共和国(Türkiye Cumhuriyeti)と言い、人口はおよそ7874万人。
首都はアンカラにあり、国内には南東部を中心にクルド人と、アルメニア人、ギリシャ人、ユダヤ人が居ます。
イスラム教徒を中心にユダヤ教などを信仰しており、最近ではテロなどが多発しており隣国シリアとの国境を中心にレベル4の退避勧告が出ており、南東部の情勢には注意が必要という情報がなされています。

なぜ資産運用にトルコリラを対象にするだけで、国内の情勢などを見る必要があるのか。
これは世界各国の通貨は日本も含めて、その国の性状況や紛争及び政治的活動などによっても大きく価値を変えるため、トルコリラをFXの投資対象にするのであれば、このような情報もしっかりと見なくてはならないからです。
勿論、テロや、紛争などが起こればその国の通貨価値はグッと下がってしまいます。
そのため、ニュースでの政界情勢をチェックする事も欠かせません。

トルコの政策金利は2014年の金利が上がる前までは4.5%でしたが、2016年3月時点での政策金利は 7.5%となっており、日本の現在の政策金利の0.10%と比べるとかなりの金利を狙える事になります。
しかし、本当にそんな単純なものなのでしょうか?
ハイリターンの裏側には必ずと言っていいほど、ハイリスクも同時に併せ持っており、トルコリラの様な新興国通貨の場合、流動性が少ない事から、値動きが大きく洗いという側面を持っている事を覚えておかなければなりません。

どうしてもトルコリラを対象にしたいと思われるのでしたら対円だけでは無く、対ドルなどの他の通貨とのマーケットの流れもしっかり見ておき、時には対円ではなく、対他国通貨とのトルコリラの流れに乗ってみる事も良いでしょう。

No responses yet

Trackback URI | Comments RSS

Leave a Reply